BlackDoorFilms

二子山開拓記

弓状岩壁など、主に東側の岩場がフリークライミングの対象として登られている二子山だが、反対側の西岳エリアもかつては登られていた。

平山ユージ氏はかねてよりこのエリアに目をつけており、それが今回小鹿野町の協力もあって有志による開拓がされることになった。

今回公開されたのはローソク岩を中心とした範囲だが、それでも全体の一部でしかなく、5年は開拓作業が終わらないと言われている。

一つ一つのルートには物語があり、それが多くの人に登られ、岩場が発展していくことを祈っている。